パークゴルフの打ち方:パークゴルフ場【ガイド】

パークゴルフの打ち方

パークゴルフの基本的な打ち方は、ほとんど普通のゴルフと同じです。しかし、ゴルフをされる方ならよく分かると思いますが、初心者がゴルフの球を打つのは意外に難しいです。いきなり、ヒットすることはできません。何回も練習を重ねて、ようやくボールにあたるようになります。またボールにあたっても、ボールが飛ぶようになるまでには、かなりの練習と時間が必要です。パークゴルフは、このような普通のゴルフのように、ボールにあてるのだけでも難しいということはありません。もっと簡単に、ボールにヒットできるのです。普通のゴルフと、打ち方は変わりませんが、ボールが飛びやすくなっています。そのために、初心者でも、慣れていない方でも、パークゴルフを楽しむことができます。パークゴルフの打ち方は、前にクラブを構えて足を肩幅に開いて立ちます。そして、腕を回転させながら、ボールを打つのです。まさに、打ち方は、普通のゴルフと同じです。しかし、ボールの質やクラブが違うので、ボールがよく飛ぶようにできているのです。

パークゴルフ情報

Sponsored Link

Sponsored Link

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。